2014年08月16日

マンハイムという名のパン屋があったらきっと美味しいと思う、イメージだけど。

目が冴えているので、久しぶりにブログを書くことにしました。

きっかけはドイツ・マンハイムの演劇祭の記事。これは楽しそうだなぁ!
演劇祭のスタッフまで夜な夜なビール飲みながら運営や準備してるだなんて、毎日夜な夜な麦茶片手に残業してる私のオフィスフロアでは考えられない!(昔はこっそりウイスキー持ち込んでる人がいたそうだけれども)

私も、もしいつか子供を生むことがあるかもしれないけど、それまでにもう一度、できれば海外で、せめて日本各地で、舞台ばっかりを観る一週間を作りたいと目論んでいます。
これまで、東京3泊AND福岡1泊の観劇ツアー、イギリス1週間の演劇祭ぶらり一人旅をしましたが、どちらも舞台の作品自体はどこで観るかではなく、何を観るかが大事だと思い至りました。
もしかしたら、数は違えどどんな都市でも小劇場のピンとキリは、似たようなレベルなのかもしれない。だがしかし、そこに行かないと観られないので、観るにはその地に行かなければならない。
何をやっている場所に行くか、は大事だと思います。

面白いものにたくさん当たるには、母数が多い方がいいはずです。日本国内なら、東京が最も当てはまります。しかし記事によると、母数以外の魅力が地方にはあるようです。日本国内という大きな母数を捉えて、地方を点々と飛んで観てまわるのも面白いかもしれません。ついでに憧れの太田和彦氏よろしく、地方の雰囲気のいい居酒屋で地元の酒をいただきたい。あーなんて無駄使い。

演劇の力を誇示するつもりはないけれど、行かなきゃみれない、量産できない、非効率で非合理的、そんな無駄が多いからこそ効率主義を一因に破綻した今まさに持ってこいこいだと思ってます。
作ろうかな、演劇部。((*´ε` *)) ※部活である点が大事

posted by 金子リチャード at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

芝居と時間

芝居というのは、リアルな時間の経過と共に進んで行く。
時間は芝居に合わせてはくれず、時間の経過に芝居を乗せていく事になる。
本番で緊張して、あーこのままではテンパってトチるかもしれぬ、と思った時に、そう考えると頭が冷静になった。

時間は勝手に進んで行く。
そこに、稽古で、リハーサルで作ってきたものを乗せていけば、あとは観客の皆さんの前に提示されたものが作品になる。

役者さんは作品の一部であり、出ている以上全体像を見ることは出来ない。
だからこそ、作品を信じて自分に与えられた役割を時間の上に乗せていくしかない。

コトリ会議さんは明日で千秋楽。
最後まで与えられた役割を全うしてきます。
posted by 金子リチャード at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

昨日考えていたこと。今日観たこと。

サラリーマンをやりながら演劇を続けていく道を選んでから、丸五年が経とうとしています。

サラリーマンは演劇を業にしている人より何倍も多いので、
サラリーマンという多数の中で生活をしながら演劇を作る、
という事が、
演劇という少数の中に居る時間を多く取ろうとしながら演劇を作る、
よりも大事な気がして、
今のような選択をしました。

昨日ふと、
だけどもサラリーマンとして生活していることが、自分の作る演劇にどのように作用しているだろか、
と考えた時、
実は作品的にはあまり大きく作用していないのではないかと。

サラリーマンだからこそ出来る演劇を作っているかと。

問うた時に、ノーだなと、
思ったのは、
改めてWATER WATER CAMELの「運命のアラサー」を聴いた時でした。
歌詞はコラージュのように断片的ですが、
普通のOLの心の底
を見ているような感じがしました。
演劇人ではなくOLの自分によく降りてくる歌詞でした。

演劇でも、サラリーマンを描いた作品はたくさんありますが、自分が観てきた作品の中では、
自分がサラリーマンとして働く時に感じる切々とした違和感を描いてるぞ、
と強く印象に残っているものは、ありません。
あとから思い出すかもですが、今はありません。

昨日そんなことを考えていたところ、
巡り合うものは巡り会うべき時に巡り合うべくして巡り合うもので、
今日観に行ったカムヰヤッセンさんの中で、サラリーマンの時に感じる違和感が描かれていました。

社会の歯車なんだよー俺たちはー。
という酔っ払いの月並みなセリフの持つ意味が、寓話の中で錆びたナイフのような鈍い痛みをもたらしていました。

もしそれを見ているのが学生の自分だったら、
あーまた、社会の冷酷さみたいなのを描いているよ、
とピサの斜塔の角度で見ていたと思います。

今なら、よくわかります。当たり前にあると知っているのではなく、実際目の当たりにし、それを当たり前の出来事として素通りしないといけない現場を経験した後なので。

サラリーマンとして描けること。
それは、女子高生として描けること、から始めた自分の原点回帰でもあります。
posted by 金子リチャード at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

寒い時に暑い頃の話

夏に向けて、少し稀有なお誘いをいただきました。
まだ情報開示できないのですが、春をすぎる頃にお知らせできると思います。
なかなか無い経験なので、今から心臓がバクバクしてます。
とりあえず、体力付けておかないとな。
上半期はガッツで乗り切ろう。
posted by 金子リチャード at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

あした!

日付変わって、あしたと、あさっては、本番です!

どうなるのかなー。
たくさんの方が出られるブッキングイベントに出るのは数年ぶりなので、ドキドキどんです。
一年生のつもりでがんばります。
もう十年生なんですけどね。

うち、西向く侍士は、今回はとにかく盛りだくさんの芝居になりました。
自分ではやったことない演出をしました。
ぜひ感想を聞かせてもらいたいです。

今回のイベントは楽しいチームさんがたくさん出ています。
リリーエアラインさん、ピンク地底人さん、コトリ会議さん and more !!

何も考えずにただ楽し見にきてくださいませ。
posted by 金子リチャード at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

久しぶりにブログ書きます

9月のイカロスまつりvol.2も、残り一週となり、何となく生活に落ち着きを取り戻しつつあります。
お元気ですか、皆さんの金子リチャードです。

去年の12月のイカロスアヴァンギャルドから、今年は3月にスパンキープロダクションの芸人さんたちと芝居をし、そのままイカロスまつりの実行委員に就任、8ヶ月の準備を経てまさに今イカロスまつりが開催を迎えており、続けざまに11月の3×3=Qと、今までで一番芝居をしている一年を過ごしております。
改めて自分で書いてみても驚きますね。

しばらくTwitterで遊び呆けておりましたが、長めの文章が書きたい頃合いとなってきましたので、ぽつぽつこちらのブログも書いていきたいと思います。
思いの丈を、ありったけ。
たけのこの如き伸びしろを備えたように見せかけるのがうまい、金子リチャードです。
どうぞよろしく。
posted by 金子リチャード at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

Edinburgh International Festivalの観劇覚書

この時期、エジンバラではアート系フェスが並行して開催されてます。
世界中から見応えのある舞台を招待して上演するのが「Edinburgh International Festival」。
「Fringe」終わってからは、こちらを。


9月1日(水)

Sin Sangre / Teatro Cinema (from Chile)
http://www.eif.co.uk/sin


9月2日(木)

Bliss / Opera Australia,BBC Symphony Orchestra -European Premiere-
http://www.eif.co.uk/bliss


Blissはこれから。Opera初体験やなぁ。
posted by 金子リチャード at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Edinburgh Festival "Fringe" の観劇覚書

ただ「舞台観たいなー」という理由だけでイギリスに来てます。
イギリスの上の方、スコットランドのエジンバラで開催される「Fringe」という大規模な小劇場フェスを観るために。
日程の都合で観れたの2日だけですけど、とりあえず観劇リストの覚書を。


8月29日(日)

the big bite-size breakfast / White Room Theatre Ltd
http://www.bite-size.org/

The Terrible Infants / Les Enfants Terribles Theatre Company
http://www.theterribleinfants.com/

THE HARBOUR / Limbik Theatre
http://www.limbiktheatre.com/new/harbour.html

maria de buenos aires / Teatro Di Capua
http://www.teatrodicapua.com/

smoke & mirrors / iOTA, Queenie van de Zandt, ThisSideUp acrobatics and More
http://www.edfringe.com/whats-on/theatre/smoke-mirrors


8月31日(月)

ovid's metamorphoses / Pants on Fire
http://www.pantsonfiretheatre.com/

The Magnets / The Magnets
http://www.themagnets.com/

Continent / Cava(鯖)
http://www.cava-mime.com/

The Red Show / Paige Productions
http://www.ivypaige.co.uk/


もうちょっとうまいことできたら、あと3つは観れたなー。

私の中でのBestPrayは「THE HARBOUR」。
地味だけど、芝居自体の作りこみが完璧。超緻密で超精巧で隙がない。
作り手の意識の高さに脱帽の1作。
posted by 金子リチャード at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

10年の集大成とは大袈裟だけど

7月19日の公演に向けて、土日にガシガシ稽古中。

今回は、20分の短編芝居を「布団」というテーマで繋げて1本の作品を作りました。
芝居とペイントが同じ舞台上で同時進行する、ちょっと変わった作品です。


芝居としては、個人的に何となく一つの集大成?のような。
芝居を作り始めた頃のように無駄な「遊び」をたくさん入れつつ、動きではなく「会話」で物語を展開させる。
今までやって試して得てきた手法を総動員した感じです。
ようやく、「遊び」と「会話」の両方を一つの芝居にまとめられたなぁと。

役者は馴染みのメンバなので、癖や得意を理解しつつ、敢えて未開の領域にもトーンと放り込んでみました。
みんなで迷いながら進んでたけど、今日で方向は定まった。
あとは踏み固めていく作業です。


今日の劇場での稽古で、予想は確信に変わりました。
この作品、おもろい。
posted by 金子リチャード at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

稽古期間中につき

7月公演に向けた稽古期間に入りまして。
今日も稽古してきました。

今回は芝居と絵でコラボする、ちょっと変わったことしてみようという企画なんですけど、芝居は作るのに時間が掛かるので、まずは芝居部分を稽古中。
他ジャンルとコラボすると演劇の非効率さを実感しますね。
その分、独特の面白さはあるんですけど。
稽古時間言うと、いっつもびっくりされるもんなあ。

稽古場は役者が2人と演出1人の少数部隊。
役者は劇団員の手先と、4年くらい前に『日和見』に客演してもらった青井さん。
手先は言わずもがなずっと一緒やし、青井さんも侍士の公演を色々と手伝ってもらったりしてる人だもんで、稽古場は初回から警戒や牽制一切なし。
本番まで時間がないこともあって、言うなれば「いきなりぶつかり稽古」。
役者と演出でがっぷり四つな濃ゆい稽古を展開してます。

今回は舞台上で芝居と絵が同時に進行するもんですから、演出として芝居見てる時も、どっか頭の隅に絵のことを置きながら。
ここでYASKEが出てきて、ここでYASKEが絵描いて、ここでYASKEが、そしてYASKEが・・・あれ、YASKEのこと好きになったらどうしよう。
posted by 金子リチャード at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公演情報を載せました。

7月の公演情報を載せました。

去年プレ開催された「イカロスまつり」への参加公演です。
会場となるのは、神戸三宮のイカロスの森。
うちの劇団の旗揚げ公演を開催した場所です。

今回はライブペインター&ミュージシャンのチームと合同開催。
うちの劇団は『布団の魔力』というテーマで短編の芝居を2本を上演します。


で、やるからには、ちょっと面白いことしようじゃないかと思いまして。
今回は一緒にPodcastをやってる絵師・YASKEに出演してもらうことになりました。
一つの舞台上で、役者が演じ、絵師が絵を描く。
不思議な芝居になりそうです。

チケットは、今日から予約開始。
ご来場お待ちしてます。
posted by 金子リチャード at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

いまさら半身浴とかいってる

半身浴、いいです。
とても体がすっきりする。
なんせ、ムクムクむくみやすく、万年肩こり首こり背中こり、な人間なもんですから、週1で体をリセットします。
ちゃんと体を気にしてあげないと、もたない年齢にもなってきましたしね。

と、今風呂あがりにブログを更新したりしているわけですが、このたび夏に公演が決まって、週末は頭の中が「台本台本・・・」になってるので、ホントは正直、とてつもなく面倒くさいんです。
半身浴だけじゃなくて、洗濯や掃除や料理や、普通にやってた生活が今いっぺんに面倒になってます。
あーもう、芝居のことだけ考えて、それこそずーっと、ぼーっと、考え事してたい。
そんな感じ。

でも、いや待て、と。
「私の頭の中の消しゴム」ならぬ「私の頭の中のホーチキ」がピーピーいいます。
それは違うぞ、と。ホーチキつけてー、と。

最近「芝居って何だろうな」って考えた時、その中の1つに、生活の延長なんだというのがあって。
舞台っていう場所は、一見特殊な空間に見えるけど、そうは言っても、あくまで自分が生活している地面と地続きなんですよね。
関西スーパーを歩いていると、いつの間にか舞台になんてことになるわけです。

いや、ちょっと大げさに言い過ぎました。
関西スーパーではなく、ライフでした。
ポイント2倍になる日曜日のライフでした。

作家も演出も役者も、みんなそれぞれ普通の生活してるわけで、その中で芝居作ってくわけです。
自分達の生活の1つの要素でしかない。
みんなが寝て起きてご飯食べる、たまたま私達はそこに芝居っていう要素が入るだけ。

そうすると、芝居のために「自分の生活」をやめてしまうことは、芝居を生活から離れた特別な扱いにしてることになる。
だから、芝居をやってるからって普通の生活をないがしろにしてしまうのは、何か違うなと。
だから、きちんと生活した上で芝居やるっていうのが、今の自分にとっては芝居を良くする要素でもあるような気がして。
今回は芝居やってる間も、きちんと生活しようと、密かに心に決めているのです。


気が小さいので補足しますが、あくまでも、そういう芝居がしたいなっていうのが根底にあっての自論なので、逆に芝居を普段の生活と分かつっていう方法を否定してるわけじゃないです。
むしろ、私は過去そういう方法を選べなかった人間なので、そういう方法をしてる人の覚悟みたいなものは、すごいなぁと思います。
あと関西スーパーはやっぱりちょっと高いと思います。
posted by 金子リチャード at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

夏に、やります

夏に、旗揚げからお世話になってる劇場イカロスの森の演劇祭「イカロスまつり」に参加することが決まりました。

約1ヶ月半の間、イカロスで演劇・ダンス・アートなどの様々なイベントが開催されます。
集まるのは神戸を中心とした老若男女の表現者達。
せっかくなので、芝居だけじゃなくコラボっぽいことができればと。
私も他の参加者の皆さんに負けないように頑張ります。

詳細が決まり次第、劇団サイト・ブログ・Twitterで発表していきます。

http://www.ikarosu.com/
posted by 金子リチャード at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

コメディユニット磯川家『ザ・ベストマンションシリーズ vol.2F “迷宮入りはお早めに”』

なんだか色んなところで名前を聞いていたので、早速観劇。
観たのは3本立てのうちの1本「迷宮入りはお早めに」でした。

マンションの一室で巻き起こるコメディ。
だけど、どんどん秘密が明かされていくにつれ実は・・・というサスペンスな作品です。

すごい頭のいい芝居だなぁ、と思いました。
お客さんを巻き込んでいくということに対して、かなり計算されてる感じがする。
台本の構造とか、見せ方とか、テンポ・緩急の作り方とか。
「人間の存在がぁ、どうのこうの」とか、そういうのは一切なしで、ある意味で非常にクールな印象でした。
これは演劇観たことない人でも見やすいと思います。

コメディ部分では、個人的に大好きな「しつこさ」が仕込まれてたのがグッとくる感じでした。
何回も言うとか、何回もするとか。それもじっくりと、間を取って。
基本男性が笑いとってましたが、女性も笑える部分があって、あぁそういうやり方もあるのか、という所もありつつ。

ただちょっと物足りなかった所もあります。
1つ目は、計算されすぎてる点。
遊びがないので、舞台特有の「奇跡」や「化学反応」はあんまり見られません。
でも逆に言うと、常に一定したクオリティを保てるってことでもあります。
もちろん常に「化学反応」が起こるとこまで持って行くのが理想なんですけど、まーそれが難しいんよなぁ。(あ、自分に対する言い訳含んでるなーこりゃー)

もう1つは、舞台のスカスカ感。
マンションの一室の中で、役者さんをどういう位置に立たせるかっていう点も、恐らくきちんと計算されてる感じでした。
おぉー、と思ったのが奥行きの使い方。
結構舞台って平行使いが多いんですが、今回は玄関を奥に作ることによって縦が効果的に使われてました。今更ながら改めて目から鱗。
ただ、その奥行きと、更に舞台照明が変化しないという点が合わさって、常に空間全体が見渡せすぎるという。
見渡せ過ぎる、見渡せ・・・日本語あってる?
なんしか、会話の中心箇所に目がグッと引き付けられない感じがしました。
んー、こういうのは役者さんのスキルとかもあるのかなぁ。
人の発する温度?とか。
あ、うん、温度だ。そうそう、1番引っ掛かってたところ。
ずっと体温が低い印象でした。
だからクールな印象だったのかな。

あれ、なんか、文量的に批判してるみたいになってる。
いや、面白かったんですって!
posted by 金子リチャード at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

OMS戯曲賞

昨年度のOMS戯曲賞受賞作を2ヶ月遅れで確認。

大賞は大竹野正典という劇作家さんでした。
以前、大王のブログで訃報を知った劇作家さん。
その内容についてここでも記事を書きましたが、遺作が大賞となったようです。

なお、佳作は土橋さんが受賞。
おめでとうございます。


大賞:「山の声」大竹野正典(くじら企画)
佳作:「裏山の犬にでも喰われろ!」土橋淳志(A級MissingLink
posted by 金子リチャード at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ええ天気やなあ

100213_133738.jpg

今から磯川家見に行ってきます。
posted by 金子リチャード at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

演劇人同士で杯を交わす

100131_220735.jpg

天王寺にて。
演劇やってる方々の交流会という名の飲み会に参加しました。
神戸で活動してると同世代の横の繋がりが少ないので、貴重な機会でした。
たくさんいるもんやなあ。

芝居をビジネスにする術を探していたり、役者としての在り方に悩んでいたり、みんなそれぞれ言いたいことをぶつけ合ってる感じでした。
んー、このツボ押されるの久しぶり。
今のうちに好き勝手言わなアカンなと思いました。

緊張してカクテルばっか飲んでたりして、珍しい。
しかしなぜスクリュードライバー。
ナーバス。ス、ス、スクリュードライバー。いやいや。
posted by 金子リチャード at 00:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

へべれけ

月曜は休みだったので天国ミロさんと飲み会。
途中仕事終わりのちーちくも参加して、割とどうでもいい話をたくさんして、最終的に終電を逃すというダメな感じでした。
楽しすぎて飲みすぎた。
posted by 金子リチャード at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

PARCO Presents『12人の優しい日本人』

091206_185808.jpg

台本は読んだことあったんですが、見たのは初めてでした。
名作と言われる作品です。
有名な作品なので、私が特に感想を書く必要もないですね。
DVDでも手叩いて喜んじゃうくらい面白かった。

あと思ったよりかなり特典メニューが多い。
PARCO系はそうなんですかね?
値段高いけどお得感あります。
posted by 金子リチャード at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

みのが

今月は芝居を色々見逃しました。
A級ミッシング、ピースピット、インディペンデントの一人芝居祭、他諸々。
でも今月は芝居以外に色々楽しんだもの。

Sun!!ちゃんからの一人芝居の案内、相当気合い入ってたみたいなのに、行けなくてごめんちゃい。
posted by 金子リチャード at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。