2014年08月16日

マンハイムという名のパン屋があったらきっと美味しいと思う、イメージだけど。

目が冴えているので、久しぶりにブログを書くことにしました。

きっかけはドイツ・マンハイムの演劇祭の記事。これは楽しそうだなぁ!
演劇祭のスタッフまで夜な夜なビール飲みながら運営や準備してるだなんて、毎日夜な夜な麦茶片手に残業してる私のオフィスフロアでは考えられない!(昔はこっそりウイスキー持ち込んでる人がいたそうだけれども)

私も、もしいつか子供を生むことがあるかもしれないけど、それまでにもう一度、できれば海外で、せめて日本各地で、舞台ばっかりを観る一週間を作りたいと目論んでいます。
これまで、東京3泊AND福岡1泊の観劇ツアー、イギリス1週間の演劇祭ぶらり一人旅をしましたが、どちらも舞台の作品自体はどこで観るかではなく、何を観るかが大事だと思い至りました。
もしかしたら、数は違えどどんな都市でも小劇場のピンとキリは、似たようなレベルなのかもしれない。だがしかし、そこに行かないと観られないので、観るにはその地に行かなければならない。
何をやっている場所に行くか、は大事だと思います。

面白いものにたくさん当たるには、母数が多い方がいいはずです。日本国内なら、東京が最も当てはまります。しかし記事によると、母数以外の魅力が地方にはあるようです。日本国内という大きな母数を捉えて、地方を点々と飛んで観てまわるのも面白いかもしれません。ついでに憧れの太田和彦氏よろしく、地方の雰囲気のいい居酒屋で地元の酒をいただきたい。あーなんて無駄使い。

演劇の力を誇示するつもりはないけれど、行かなきゃみれない、量産できない、非効率で非合理的、そんな無駄が多いからこそ効率主義を一因に破綻した今まさに持ってこいこいだと思ってます。
作ろうかな、演劇部。((*´ε` *)) ※部活である点が大事

posted by 金子リチャード at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403801634
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。