2010年07月05日

10年の集大成とは大袈裟だけど

7月19日の公演に向けて、土日にガシガシ稽古中。

今回は、20分の短編芝居を「布団」というテーマで繋げて1本の作品を作りました。
芝居とペイントが同じ舞台上で同時進行する、ちょっと変わった作品です。


芝居としては、個人的に何となく一つの集大成?のような。
芝居を作り始めた頃のように無駄な「遊び」をたくさん入れつつ、動きではなく「会話」で物語を展開させる。
今までやって試して得てきた手法を総動員した感じです。
ようやく、「遊び」と「会話」の両方を一つの芝居にまとめられたなぁと。

役者は馴染みのメンバなので、癖や得意を理解しつつ、敢えて未開の領域にもトーンと放り込んでみました。
みんなで迷いながら進んでたけど、今日で方向は定まった。
あとは踏み固めていく作業です。


今日の劇場での稽古で、予想は確信に変わりました。
この作品、おもろい。
posted by 金子リチャード at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。