2010年06月07日

稽古期間中につき

7月公演に向けた稽古期間に入りまして。
今日も稽古してきました。

今回は芝居と絵でコラボする、ちょっと変わったことしてみようという企画なんですけど、芝居は作るのに時間が掛かるので、まずは芝居部分を稽古中。
他ジャンルとコラボすると演劇の非効率さを実感しますね。
その分、独特の面白さはあるんですけど。
稽古時間言うと、いっつもびっくりされるもんなあ。

稽古場は役者が2人と演出1人の少数部隊。
役者は劇団員の手先と、4年くらい前に『日和見』に客演してもらった青井さん。
手先は言わずもがなずっと一緒やし、青井さんも侍士の公演を色々と手伝ってもらったりしてる人だもんで、稽古場は初回から警戒や牽制一切なし。
本番まで時間がないこともあって、言うなれば「いきなりぶつかり稽古」。
役者と演出でがっぷり四つな濃ゆい稽古を展開してます。

今回は舞台上で芝居と絵が同時に進行するもんですから、演出として芝居見てる時も、どっか頭の隅に絵のことを置きながら。
ここでYASKEが出てきて、ここでYASKEが絵描いて、ここでYASKEが、そしてYASKEが・・・あれ、YASKEのこと好きになったらどうしよう。
posted by 金子リチャード at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。