2012年01月21日

ごはんのはなし

タイトルはあえてひらがなにしました。
「ごはんのはなし」
今回はそんな雰囲気の話です。

食卓が出てくる芝居や音楽って、なんだかよく覚えています。
コレクトエリットさんのイベントで観たダンス、3×3=Qで観たコトリ会議さんの短編、イカロスの森で聴いたbloomin' birdのいただきます、今聴いてるキャメルハウスの喜びは食卓に悲しみはトイレに。

昔からそうというわけではなく、4年前に1人暮らしを始めてからのこと。

1人暮らしをしてから、ごはんって大事だなぁと思いました。
社会人になってからなかなか調子の悪い日々が続いていて、家が遠いからだと思って、1人暮らしを始めました。
でも、やっぱり調子は良くならない。
そんな時に自分できちんと晩ご飯を作って食べたら、買ってくるより随分とおいしくて、翌日ちょっと元気なことがわかりました。

それまで炊飯すらしたことなかった生活力のない私ですが、母が栄養士の資格を持っていることもあり、家のご飯に関してはそれまで割と満足に暮らしていました。
家族でご飯食べるのに外食はほとんどしたことがなく、惣菜ですら出来和えを食べる習慣がない。
世間の食卓には結構スーパーの出来和えも並ぶと知ったのは最近のことだったりします。
そんな風に育ったので、1人暮らし後は外食や出来和えで体が参ってしまっていたようです。

過剰に食材や健康にこだわるのは、ちょっと体が後ろに引きますが、ご飯が人に与える効果は考えてるより大きいのかなと思います。

さて、ちょうど実家の最寄駅に着きました。
今から帰って母のご飯を食べます。
posted by 金子リチャード at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

一周まわってくるりんぱ

ここ何年か、学生時代に芝居ばっかしてた自分を省み、と言うか、うらやましさが漏れ出して、芝居以外でワイワイするところを求めてあっちへ行き、こっちへ行き、してきた。
そこには、今まで接点のなかった人達、避けてきた価値観がたくさんあって、それらを目の当たりにする度、小さなことにも一々びっくりしたりした。
テレビや雑誌でよく見る一般的な価値観を目の当たりにしたとき、それまでの自分は至る所で通用せず、大きく揺らいだ。
わかっていたつもりだったけど、それまで非常にマイノリティな世界で生きてきたことを改めて思い知った。

何が良くて、何が良くないのか。

行く場所によって聞く答えは違う。
今いる場所の人達が、さっきまでいた場所の人達のことを否定する。
どちらも肯定しようとすると、外側では八方美人になり、内側では自分が分裂する。
否定は、大体はその内輪に属さないから出来ることが多いと思うけど、どちらにも属してしまう、または属したいと思うと、一方を否定するのは難しい。

何が良くて、何が良くないのか。

一周まわってくるりんぱ。
もう一度、壊した自分の判断基準を再構築する。

そんな2012年。年初の小さな胸算用。
いろんな人に会いにいくぞー。

末筆になりますが、今年もよろしくお願いします。
posted by 金子リチャード at 03:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。