2010年08月22日

久しぶりにちゃんとブログを書いてみる。

4月の終わりにポンッと芝居の公演が決まって、それからは芝居の準備でバタバタと、7月に公演が終わってからも何だかんだで仕事の方を忙しくしていたのですが、ようやく今日、一段落つきましたので、久しぶりにブログ書いてみようかなと思って、みました。

自分的には今日で2010年上半期が一段落です。
何やってたかなーと振り返ると、「芝居・仕事・合間にPodcast」ってまぁ今までと何ら変わらないことをしていたわけですが。
でも今までより“良い感触”のあったこの上半期。

芝居は、やや企画要素もあったので短編2本という形になりましたが、自分としては今まで試してきたことがようやく一つの形になってきているのかなぁと思えたり。

学生時代にやってた時は、それこそ五里霧中、手は探っても探っても宙を舞うような状態でした。ってのが、正直なところ。
でも学生最後の「日和見」でその手のひらを握り、掴むということを覚え、社会人1発目の「裏庭」で握った手の中に塵ほどに小さな固体の感触を覚えました。
で、今回の短編「二度寝」「きみのおかげ」。
1本20分と短いながらも、小石ほど小さいけど小石くらい固い欠片を確かに手の中に掴んでいるぞ、ということを実感できました。
8年掛かった。8年掛かったけど、続けてこれて良かったなーと思います。

「イカロスまつり」という企画に参加したことで、たくさんの方と知り合うこともできまして。
同じ神戸で芝居してたのに出会わなかったことが不思議なくらいなもんです。
特に神戸は芝居を“続けてきた”方が多い地域だということも初めて知りました。
ただその分、若い世代が少ないので、自分達が下に繋いでいくんだなというのも近ごろ身に染みて思ったこと。

そうそう、先日「イカロスまつり」の中打ち上げに行きました。
総勢30名くらいで6時間という怒涛の飲み会を繰り広げたわけですが、うちの公演を見に来てくださった方々から、お褒めの言葉をいただくことができ。
うっかり落涙しそうなくらい嬉しかったです。

今更ですけど、ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

コラボレーションの仕方とか、演出として場を動かしていく力とか、制作面のやりくりとか、色々まだ課題もあるんですけど。
公演を経てまたやりたいこともたくさん出てきましたので、1個1個クリアしていきたいと思います。
よし、下半期も色々やってこ。

Podcastもぼちぼち再開しております。
今日も1本配信しましたので、よろしければ聴いてやってください。


ラジオ「女子だけ体育館に集合!!」
http://radio-joshidake.seesaa.net/
posted by 金子リチャード at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。